家庭

ベビー用品は購入かレンタルか。どちらがお得か解説します

 こんにちは、ヒナムチです。私は昨年8月に第一子である女の子が誕生しました。これまで子育てに関して、コストパフォーマンスが良かったもの、購入しなくてよかったものを本日おススメします。子どもの成長は早く、購入しても『ほとんど使わずにサイズアウトしてしまった』、『高い買い物をしたけど、1,2回しか使っていない』等よくご意見としてお聞きしましたので、本日は買ってよかったもの、レンタルして良かったものを記載していきます。こちらの内容は、地域の『パパママ教室』にて講演した内容を分かりやすくまとめたものになります。

出産後レンタルして良かったもの

出産後レンタルして良かったもの①:ベビーベッド

まずはベビーベッドについて。
産後、子どもをどのような形で寝させるかは夫婦の悩みでした。元々夫婦でベッドで寝ていた為、子どももベビーベッドで寝させようと店頭にベビーベッドを見に行きました。


ベビーベッドって意外に高いんです。2~3万円くらいするものも結構多くて、買うのを躊躇しました。というのも、ベビーベッドで赤ちゃんは寝てくれるのか?これは正直寝させてみないと分からないんです。何万円もするものを買ったものの、赤ちゃんが寝れなくて母親としか寝なかったら、本当に無駄な買い物になってしまいます。

そんな不安がある場合には、レンタルをおススメします。私の場合は、半年間レンタルをしました。Nice Babyという会社がベビー用品をレンタルしていますのでそちらでレンタルをしました。

半年で12,000円程度でした。最新のベビーベッドがレンタルで借りれる点、コストパフォーマンス的にも良いですし、何よりベビーベッドは場所を取るので、返却すれば場所も確保できて一石二鳥です。

今は必要最低限な物で、無駄なものは買わずにシェアする時代になりつつあります。特にベビーベッドのような一時的にしか使わない物を購入すると、購入費だけでなく処分費用が取られますので非常にコスパが悪いです。またベビーベッドのような大きいものですと、売るにも売れなかったり、売っても二束三文です。

以上より、ベビーベッドは購入せずに、レンタルして大正解でした。

出産後レンタルして良かったもの②:
ベビースケール(デジタル体重計)

こちらも借りて大正解でした。


正直こちらは使用しない人もいるのですが、私の場合、子どもが上手く母乳を飲めていなかったり、どれくらい飲んだか分からず体重が一時期減少してしまうことがありました。

このデジタル体重計では1g単位まで測定できるものを借りたので、そういった育児面での不安が随分緩和されました。

特に生まれて最初の3か月くらいは、体重が順調に増えていくかは非常に重要です。特に母乳やミルクの量が20gとか30gのg単位での話なので、5g単位ですと正直単位が大きすぎて、正確に測定できないことも多々あります。

1g単位ですとそういった体重増減に関する不安も一気に解消されます。5g単位のベビースケールは、結構安く売っているのですが、1g単位のベビースケールですと良いものですと8万円近くします(タニタ 高精度ベビースケールBD-815@78,792 2019.7.16現在 Amzonにて)。

また使う時期は産後~4、5ヵ月程度なので、買うには期間が短く非常にもったいないです。ある程度大きくなってきたら通常の体重計に自分と赤ちゃんを一緒に乗せて、後から自分の体重を引けばおおよその体重は把握できますので、普通の体重計で十分です。

私の場合こちらもNice Babyでレンタルをしました。レンタル期間は3か月で、15,500円程度でした。こちらも最新のベビースケールを短期間だけ使用でき、購入するよりは随分安く済ませれたので大満足でした。

こちらも、子どもがある程度成長した後ですと、使用する機会も少ない為、処分に困りますからレンタルされることをおススメします。

出産後購入して良かったもの

出産後購入して良かったもの①:メルシーポット

こちら今のところ、購入して良かったベビー関連商品No1.です。


子どもは本当によく風邪を引きます。これは親になるとすごく分かりますね。特に何の前触れもなく、突然鼻水が出始めたり、熱が出たりと本当に急なことばかりで大変です。私も妻が会社を休めないときは積極的に仕事を休むようにしています。


話は少し逸れましたが、こちらのメルシーポットは使う頻度は高めです。赤ちゃんは鼻がかめない為、鼻が詰まると非常に息苦しそうにします。

そんなときはメルシーポットの出番です。こちらは電動で動き、吸引力も抜群です。子どもは医療費がタダなので耳鼻科に行って吸引してもらうこともできますが、子育て中に外で欠けて、帰ってまた色んな準備をして…非常に疲れますよね。

メルシーポットは好きなタイミングで赤ちゃんの鼻を吸引できますし、何度でもすぐ吸引できます。管の手入れや洗浄は必要ですが、手元にあるつまみの押し引きで吸引力を調整できますので、子育てに不慣れなパパでもできます。

これまでレンタルして良かったものをおススメしてきましたが、こちらは人の鼻等に直接触れるものであり、衛生面等も考慮した上で購入することを選択しました。

おそらくこれからも、子どもは風邪を引くでしょうし、一応大人向けでも使用ができます。これから子育てをしていく上では、一家に一台あれば役立つことは間違いないしなので是非購入を検討してみて下さい。

注意点は比較的大きな音もなり、鼻の穴に管を入れるため、子どもは結構ギャン泣きします。

そんな時の対処をお伝えします。

自分自身の脚を子どもが入るくらいに開いて座ります。開いた脚に子ども入れ、子どもの両手を脚の裏に入れ込みます。そうすることで手がバタバタできなくなるので、その状態で鼻の吸引を行います。

もう一つ注意点は、あまり鼻の奥に管を入れすぎないことです。あまり入れすぎると鼻の中が傷ついたり、鼻くそが奥に入り込みすぎてしまう可能性があります。

比較的浅めでも全然OKで、吸引力が電動ですので、鼻水がみるみるうちに吸い込まれていきます。

是非皆様も実際に使用して、効果を確認していただければと思います。
私が最初使ったときは『おおおーすごくよく(鼻水が)取れる!!すごいっ!』と妻と一緒に喜んだ覚えがあります。

出産後購入して良かったもの②:防臭袋 『BOS(ボス)』

この防臭袋を使い始めて臭いを気にしなくなった

 こちらも我が家では重宝しています。というのも、子どもが離乳食を食べ始めた頃から、うんちの臭いが、それまでとは打って変わって臭くなります。

勿論、蓋つきのゴミ箱を用意していますが、おむつを替える量も多く、開け閉めしていると部屋中に臭いが充満して臭いがなかなか消えないこともしばしばありました。

我が家の場合、この防臭袋『BOS』にうんちをしたオムツのみを入れて一杯になったら、結んで蓋つきのゴミ箱に捨てています。

防臭袋『BOS』Sサイズでだいたい現在11ヵ月くらいの娘のオムツがパンツ型のLサイズで4~5つ程度入ります。

このBOSにうんちをしたオムツを入れても臭いがほとんど無いので、一杯になるまでは軽めに結んで保管してあります。

もう1点メリットを上げると、外出時にも非常に役立ちます。現在では授乳ルームや子どものオムツを替えれる場所も増えてきましたが、オムツは捨てれない場所が圧倒的に多いです。

そんな時に、この防臭袋『BOS』を持参すると、カバンの中に入れても臭いも全くしないので持ち帰って処理することも全く億劫にはなりません。また基本的に袋はピンクや青と言った色がついており、外から中も見づらい仕様になっているので安心して持ち運びできます。

 デメリットとしては、コストは通常のごみ袋等と比較すると高いことです。その為私の家では袋がいっぱいになるまで使い、オムツが入らなくなったら捨てています。外出時やうんちのオムツのみに使用すると決めておけば、そこまで頻繁にはなくならないので上手く使用方法を絞ればコストも最大限削減できるというのが使ってみての感想です。基本的に200枚入りなので、長ければ4か月~5ヵ月程度は新しいのを購入しなくてもよいのではないでしょうか。

 またこちらオムツ以外にもペットの糞や生ごみ用等臭いが気になるもので、袋に入りさえすれば何でも応用できますので、是非とも使ってみて下さい。本当におススメです。

出産後購入して良かったもの 番外編:メルカリ

メルカリは子供服の宝庫

メルカリは使い方次第で非常に便利なものになります。ここでは番外編としてメルカリでの購入する際のポイントを説明します。

私の場合は「子ども服」を中心にメルカリで購入しています。よく『子どもは成長が早い』と言われますが、私自身子どもを育ててみての感想は本当にその通りであるということです。

服もあっという間に着れなくなり、タンスの奥へと片付けられてしまいます。そうは言っても、子ども服は本当にかわいくてついつい買ってしまいがちです。私の子どもの場合、娘なので特にかわいらしい服が多く購買欲が掻き立てられてしまいます。

しかし、そんな時はいったん立ち止まって考えてみて下さい。世の中には、どれだけ良い服でも子どもに1回しか着せれなかった人がたくさんいます。であれば『良い服を安く買えるチャンスがある』ということです。

そこで登場するのがメルカリを始めとしたフリマサイトです。

私の場合、「中古服でも着れる期間は限られているが、次も同じように売れる服を買う」というコンセプトのもとメルカリで子ども服を選別の上購入しています。

メルカリでの購入時のポイント

購入の際どのような所を見ているか?

一つは物の状態です。出品者画面では写真が4~5枚くらい掲載されていますが、そこに欠陥箇所が掲載されているかを確認します。

基本的に中古の服というのは何かしら欠陥があるものです。それを正直に掲載している人は安心できます。

逆に欠陥箇所を載せていない場合は要注意です。ただ本当に良品である可能性もあるので、そこは見極めが必要ですが、基本的に欠陥についての写真や記載がない場合はメッセージにて確認をしてみましょう。

特に問題が無ければ状態としては安心できます。

あと購入する子ども服は「ブランド」のものです。

私の場合はミキハウスを中心に購入しています。なぜブランド品を買うのか?

理由は簡単で、使えなくなった場合に売りやすいからです。

仮にメルカリで2000円で購入しても、ブランド品であれば次売るときは1000円で売れれば、実質1000円で必要な期間だけブランド品が着れたと考えることができます。

ブランド品でなくても売れるものはありますが、基本的に購入したい側は「ミキハウス」等と検索をかけるので目にも止まりやすくなり、結果売れやすくなります。

最後に価格を見ています。

中古服と言っても出品者は高く売りたい、購入者は安く買いたいのせめぎあいの為、思ったより金額が下がっていないことが多いです。

金額交渉はできればしていただきたいですが、出品者の事を考えるとあまりしつこく交渉することはおススメできません。価格については考えた方次第で、先程も申し上げた通り、

仮にメルカリで2000円で購入しても、ブランド品であれば次売るときは1000円で売れれば、実質1000円で必要な期間だけブランド品が着れたと考えることができます。

hinamuchiblog

という考え方ができるため、新品より4割~5割程度安ければ購入する金額としては決して悪くないと思います。

ただ一番良いのは、著しく安い価格で出品している出品者を見つけることですので、是非お宝を探すつもりでメルカリ等の出品者サイトを見てみることをおススメします。

まとめ

本日は皆さんに少しでもお役に立てるように、自分の経験に基づき紹介させていただきました。

重要なことは『レンタルすべきか所有すべきかを、自身のお子様の様子や使用用途、使用期間から考えて判断すること』です。

というのも子どもにも個人差があり、誰かが購入して良かった物=自分も購入して良かったとは限らないからです。また今後ますます『所有する時代』から『シェアする時代』へ移行していくと予想されており、これから私たちは本当に必要な物だけを購入する『目利き力』も求められていくでしょう。

所有かレンタルかで迷った場合は、こちらのブログをお読みいただき、少しでも最適な選択をしていただけたならば幸いです。

皆様の子育てライフが上手くいく事を祈念して、今回のブログをおしまいにします。


最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

ABOUT ME
ヒナムチ
法政大学出身の元銀行員ブロガー。 銀行員時代にうつ病を発症し、それを機に『働きやすさ』を求めブログを開始。 過去にアタック25、クローズアップ現代出演歴あり。 銀行時代の事や、その他為になること、気まぐれな内容を投稿していきます。 モットーは 『嫌々仕事をする人を減らし、日本社会を生き生きした労働者で溢れ返す』