副業・仕事

銀行を今すぐ退職しよう!今銀行がヤバい理由

こんにちは、ヒナムチです。
先日銀行時代の同期の仲間と久しぶりに会いまして、銀行の内情や現状を聞いてきました。

私が在籍していたのは地方銀行なので、地方銀行にお勤めな方には共感していただけると思います。

メガバンク等大手銀行にお勤めの方でも、共通する部分はあると思いますので是非とも参考にしていただければと思います。

今どれ程銀行業界がやばいのかをこれからお伝えしますので、是非最後までゆっくり読み進めてください。

銀行がヤバい理由 その① 人材の流出が多い

銀行に見切りをつけ辞めていく優秀な人材

現在、銀行は史上空前の低金利が続き、苦境に立たされています。収益の頼みの綱は「預かり資産販売手数料」という麻薬同然の収益です。

今銀行員は「地域経済の為」とか「企業の為、顧客の為」等と言っている余裕は一切ありません。とにかく『預かり資産』を多く販売し、手数料を得ないと存続が危ういです。

そういった理由より、銀行員は入行から一貫して『預かり資産』教育を受け、いわば『預かり資産販売マシン』として育てられます。

『預かり資産販売マシン』には終わりはありません。つまりただひたすらに売りまくる それだけです。どれだけ大口の案件を獲得しても、すぐ次の獲物を狙わないといけません。

マシンとして育てられた銀行員の中には、優しい感情を持ち『顧客の為』と一生懸命に為になる提案をする人もいます。

しかし、そんなマシンよりひたすらに獲物を獲得してくる『非情な預かり資産販売マシン』の方が銀行は好みます。むしろ『顧客の為』と言って、全然獲物を獲得してこないマシンは役立たずと言って罵ります。

このように現在銀行は自分の都合の良いマシンを大量に育てようとします。これに対してどれ程の人間が我慢できると思いますか?

私はそれに我慢ならぬ辞めた一人ですが、現在多くの銀行員は感情を無視した銀行の販売方法に疑問を感じ、大量に退職しているのです。

おそらく退職者は、『いまより給料が下がっても、銀行と違ってお客の為になることをやりたい』とか『本当に必要とされるもの(サービス)を提供したい』等思っている方がほとんどでしょう。

私から一つ言わせてもらいたいのは、もともと銀行に入行される方はまじめな方が多いと思いますから、お金の為とか、地位とか立場の為で動くのではなく、ご自身の正義感や信念を大切にしていただきたいと思います。

銀行がヤバい理由 その② 仕組債を売り始めている

複雑で難解な金融商品を売ることで手数料を稼ぎ出す末期の銀行

また同期の仲間から聞いたところ、現在銀行は『仕組債』を販売し始めているようです。

これを聞いて、私は銀行がかなりの『末期状態』だと感じました。

仕組債とはご存知の方もいるかとは思いますが、簡単に言うと通常の債券と違い、デリバティブを組合せ、一定条件下で条件を満たすと高金利が得られるといったものです。下記に日本証券業協会ホームページのリンクを張りますので、ご参照ください。

「仕組債」とは? 日本証券業協会

販売者側は一定の手数料が貰えますし、アレンジャーと言われる商品を設計する側は必ず儲かるように設計しますので金融機関側にリスクはほとんどないと言っても過言ではありません。

一方で購入者側は、仕組が複雑化されておりどれほどリスクがあるかが見えづらくなっています。仕組債は購入者側から見ると『リスクは大きいが、リターンは小さい』商品が大半であり本来手を出さない方が良いと言われています。

例を出すと、よくある仕組債が『日経平均株価連動』の仕組債です。こちらは日経平均株価が一定期間内に一定以上下がらなければ、高めのクーポンが得られるというものです。

ただもし日経平均が下がらない、もしくは上がっていくと判断するのであれば日経平均株価連動のETFや日経平均対象銘柄を購入すればよい訳です。それをあえて債券のクーポンと言う形で貰う必要性は少ないです。つまり仕組債は購入者の儲けが少なく、金融機関が得するように仕組まれた債券なのです。

これを銀行が信用を盾にして売り始めていると聞いて、改めて『銀行はやばい』と感じました。『顧客第一』とか『顧客ファースト』なんて言葉が理念に組み込まれている銀行は悪質性は半端ないです。

顧客の利益なんてこれっぽっちも考えていない商品を売り始めておいて、『顧客第一』とか矛盾でしかありません。企業は末期であればあるほど、よからぬ行動を取り始めます。今回の仕組債販売は銀行の末期の到来の知らせだと私は思っています。

銀行がヤバい理由 その③ 給料・賞与の減少が始まっている

私の以前在籍した銀行では、一定以上の役職者の給料が月給ベースで6万円近く下がるとのことです。年収ベースにすると72万円と結構の痛手になります

通常月給を下げると『不利益変更』となりますが、実質定年55歳→60歳とすることで生涯賃金は変わらないという論理で月給の減給に踏み切ったとのことです。

また時間外手当も、最大19時30分までしか残業ができなくなり期待できなくなりました。

賞与も業績が思わしくない為、前年同期比で同じが限界で、下がる可能性の方が高い状況です。

以上を加味して、これから銀行業界全体に待ち構えている未来は決して明るいものではないということがお分かりいただけたと思います。
『銀行員は給料が高い』と言われたのはもうはるか昔の話です。これからはIT業界等にどんどん平均年収も抜かされていくようになると思います。

給料が下がっていく今、平均年収が高かった銀行業界で働くメリットはありません。この給料・賞与が下がっているという現実をしっかりと受け止めてこの先の人生を考えてみてください。

銀行を早く辞めた方が未来は明るい

ストレスやノルマへの詰め他業界よりも格別に高い、給料は他業界より低い。この条件では銀行を辞めていく人は増える一方です。

もう50歳近ければ、なんとか耐え抜いて逃げ切れるかもしれません。でも20代、30代はまだ30年近く勤続していかなければなりません。

もし今皆さんが銀行に今しがみついているのであれば、正直早めに退職することをおススメします。

私自身3年前に銀行を退職しました。他業界ではどんどん技術も進化しています。

私は製造業に転職したのですが、『IoT』もどんどん導入され、ヒトとモノがインターネットを介して繋がっていくのを実感しております。毎日が新鮮で勉強になります。

一方銀行はどうでしょうか。アナログなやり方、意見を通せない昭和体質、激しいノルマ・・・それに加えて給料減少。

そんな環境で自分自身成長できますか?生活は安定しますか?モチベーションは上がりますか?

答えは全てノーです。

私ごときが偉そうに言うのも忍びないですが、未来を明るくしたいなら今すぐ銀行を退職して、未来の明るい業界や仕事に転職しましょう。
早ければ早いほどいいです。
歳を取ってからでは銀行員は他業界で潰しが効きにくいですから。

是非今日から真剣に銀行を退職することを考えてみて下さい。

皆さんの健闘をお祈りします。